ドラム式洗濯機のデメリット

ドラム式洗濯機を購入して1年半ほど経ちましたが、色々デメリットがわかってきました。

ドラム式洗濯機で困ること

ドラム式洗濯機にして、干す必要がなくなったので楽になりました。でも、それなりにデメリットもわかってきました。

乾燥までさせたいときは、量が制限される

乾燥までさせたいときは、あまり大量にいれられません。洗濯物が多いときは、当たり前ですが干す必要があります。

しわしわになる

綿がおおい服はシワが多いです。水を霧吹きで吹きかけて干しておくと大抵伸びますが、手間はかかりますね・・・。

あと、乾燥させちゃいけないものを入れると、縮んで着れなくなります(;・∀・)

一番困ること・・・

これが何気に困ってるんですが・・・

細かいホコリが洗面台につくようになったことです。換気扇のフィルター(といっても、ティッシュを貼ってるだけ)の交換頻度も上がりました。

縦型の洗濯機を使ってたときは、クズ取りネットに引っかかっていたものが、結構流れちゃってる感じです。排水溝の掃除が必要なことを知らなかったんですが(;・∀・)、ドラム式にしてから臭うようになり、調べたら掃除が必要と知り・・・

楽になった点もありますが、掃除する箇所が増えましたね。

とはいえ、今の所、乾燥まで出来る楽ちんさの方が勝ってるので、使い続けますが、購入検討している方の参考になると嬉しいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました